ハコガメと沖縄で暮らす日々

沖縄でセマルハコガメとキタニシキハコガメと暮らしています。

飼育方法

沖縄のハコガメたち、わずか1か月ほど冬眠的なことをしていました。

ブンブンです。

久振りの投稿です。というのも、我が家のニシキハコガメとセマルハコガメ、2月に入ってから、最低気温10℃を 割り込む日々あり、日中も冷え込んでいてようやく冬眠的なことしてくれました。

冬眠方法としては、土などには潜らず、コンクリート土間で過ごしています。

冬眠といっても、餌を食べないでじっと動かないだけです。2月は一度も餌を与えず絶食で 過ごしました。

それで、今日は久しぶり気温が上昇し、 24℃ぐらいになりました。

春のポカポカ日和

ニシキもセマルも早速、目覚めてガサガサしています。

とりあえず、久しぶりの餌なので・・・
ニシキハコガメ

スクリーンショット_022816_033656_PM


水分の多い果物で好物のリンゴを与えてみました。
よほど腹を空かせていったのでしょうか。
凄い勢いでがっついてきました。



それから

セマルハコガメ
スクリーンショット_022816_034158_PM

まず水を飲ませろということでした。

とりあえず、短い期間ですが無事冬眠的なことをこなしてくれたようです。

まだ、生まれてきて、わずか一年ちょっとしか生きていないカメですが・・・・

たくましいですね。

無事、沖縄の冬を乗り越えたことに感謝。
 

カメの沖縄での冬眠について(ハコガメ編)

そろそろ、日本全国のカメさん達は冬眠モードに突入していると思いますが

ブンブンのところセマルハコガメとニシキハコガメは暑くて苦しんでいます。


沖縄、現在、気温28℃ 
夜クーラーが無いと眠れません。




カメを飼育するうえで有難いのは冬場に冬眠してくれることですよね。

カメを見れないのは寂しいですが、寒いときに水仕事しなくて済むのは助かります。



しかし、沖縄ではどんなに寒くても10℃前後です。

カメによっては冬眠しない場合もあります。

以前、クサガメを飼っていたのですが、まったく冬眠しませんでした。

沖縄の野生化しているミドリガメは、冬場でもガンガン活動しています。



我が家のニシキとセマルはベビーのころはヒーター管理したのですが

この冬は、外で乗り切るつもりです(頑張)




朝から、思い切り水に浸かるセマルです。

IMG_0491[1]
 

ニシキハコガメの甲羅のボコ付き(波状)

ブンブンです。

ニシキハコガメの甲羅が凸凹しています。

甲羅を綺麗に育てることが当初の目的だったのですが、早くも散っています。


今こんな感じです。

IMG_0475[1]
波打っている感じお分かりでしょうか。


ベビーから大事に育てたつもりが、やはり素人には難しかったです。
IMG_0477[1]


セマルハコガメはカサ付かせ、ニシキハコガメはボコ付かせるという・・・・


"This is  AHO "




泣きたくなります。


 
ギャラリー
  • 甲羅のボコ付きが改善されています。
  • 芝生のミミズを駆除しハコガメに与えてみました。
  • 芝生のミミズを駆除しハコガメに与えてみました。
  • 芝生のミミズを駆除しハコガメに与えてみました。
  • 沖縄のハコガメたち、わずか1か月ほど冬眠的なことをしていました。
  • 沖縄のハコガメたち、わずか1か月ほど冬眠的なことをしていました。
  • キタニシキハコガメ冬眠してくれません
  • ハコガメ1年でどれくらい成長?甲長測定(セマル&ニシキ)
  • ハコガメ1年でどれくらい成長?甲長測定(セマル&ニシキ)