沖縄も冷え込んできました。

と言っても、日中は25℃ぐらいあって、師走の雰囲気はゼロです。

我が家のカメたちも、活発です。冬眠の気配ありません。


今回はハコガメと水ガメの飼育について比較してみます。


ハコガメの飼育は水ガメ(ニオイガメやクサガメ等)比べ、かなり楽です。

理由は水ガメのような水替えがないからです。


特にニオイガメのような水棲傾向が強い種類は多量の水を必要としますし

水はかなり糞で汚れますので、夏場は特に大変です。

それに比べ、ハコガメは楽です。

特に外で飼える環境なら、こんな感じです。

IMG_0549[1]

受け皿の水を換えて、糞はヘラで取り、植木鉢に肥料として入れて終わりです。



以前、飼っていた、ミナミイシガメとクサガメは沖縄の冬でも冬眠せず

水替えに泣かされました。



沖縄でも寒いときは8℃ぐらいになりますので・・・・


ハコガメは水ガメ飼育のような水替えが無いので、この点に関しては非常に楽です。

特に、外飼いには最高のカメだと思います。