ハコガメと沖縄で暮らす日々

沖縄でセマルハコガメとキタニシキハコガメと暮らしています。

キタニシキハコガメ冬眠してくれません

先週は沖縄のほうも5度くらいまで気温が下がったんですけど、今は20度近い状況です
我が家のニシキハコガメは一時固まっていましたが
image

今日は動いているミミズを見て強烈に反応しガツんと食べていました。
おそらく沖縄では冬眠は無理っぽいです

ハコガメ1年でどれくらい成長?甲長測定(セマル&ニシキ)

明けましておめでとうございます。

2016年1月になりました。
が、沖縄はまだ23℃ぐらいあります。
おかげで、セマルもニシキも普通に活動しています。




ニシキとセマルを飼育して丸1年経過しました。

ベビーから飼育は、生体がまだ体力的に弱いので、途中で命を落とす確率も
大人の生体くらべ敬遠される方も多いたいですが

我が家の二匹は今のところ無事に過ごしています。(感謝)

今日は甲長測定しました。


セマルハコガメ  甲長49mm(2015年1月)
           甲長82mm(2016年1月現在)
IMG_0394[1]
1年で33mm成長しました。






ニシキハコガメ  
甲長42mm(2015年1月)
           
甲長80mm(2016年1月現在) 
 IMG_0473[1]
ニシキは38mm成長しています。

いつになったら冬眠するのやら・・・・と思うこのごろです。
 

沖縄25℃冬眠しかけたハコガメ復帰(寒暖差による個体への影響)

今年もあと8日という12月下旬ですが

今現在、沖縄25℃ぐらいあります。

ここ最近20℃以下の日が続いていたので

ブンブンところのセマルハコガメも冬眠モードに入りエサもほとんど食べなかったのですが

今朝は、ご覧通りです。

IMG_0609[1]

ドカ食いです。

こういう寒暖の差が激しいと固体には良くないですよね。

例えばこの状況で急に明日にでも寒くなったらエサが上手く消化できないでしょうし・・・・

心を鬼にして断食させるべきか悩むところです。


ニシキハコガメは沖縄程度の寒さには、平気なようで15℃ぐらでもガンガン、起きています。
水も浴び食欲も旺盛です。

IMG_0612[1]

この状況だと、もしかするとニシキハコガメは冬眠しないかもしれません。

沖縄では普通にクサガメやミドリガメは冬眠しないので仕方ないですね。



 
ギャラリー
  • 甲羅のボコ付きが改善されています。
  • 芝生のミミズを駆除しハコガメに与えてみました。
  • 芝生のミミズを駆除しハコガメに与えてみました。
  • 芝生のミミズを駆除しハコガメに与えてみました。
  • 沖縄のハコガメたち、わずか1か月ほど冬眠的なことをしていました。
  • 沖縄のハコガメたち、わずか1か月ほど冬眠的なことをしていました。
  • キタニシキハコガメ冬眠してくれません
  • ハコガメ1年でどれくらい成長?甲長測定(セマル&ニシキ)
  • ハコガメ1年でどれくらい成長?甲長測定(セマル&ニシキ)